スポンサーリンク

牛乳パックで赤ちゃんおもちゃを手作り♪輪投げ遊びで手先も器用に

赤ちゃん 手作り おもちゃ 牛乳パック 輪投げ

こんにちは。モモです。

牛乳パックでつくる赤ちゃんのおもちゃは、私の定番になりつつありますね(笑)

毎日牛乳を飲む夫婦なので、牛乳パックの空き容器はすぐに溜まってしまいます。赤ちゃんのおもちゃをつくる前にすぐにリサイクルする為に解体してしまう癖がなかなか治らないのですが、すぐに空き容器が出来るので問題ありません!

皆さんは、牛乳をどれくらいのみますか?さて、今回も、牛乳パックで作る赤ちゃんのおもちゃ「牛乳パックで作る輪投げ」をご紹介します。

手を動かすことの出来る赤ちゃん~小学生くらいまで楽しめるおもちゃです。牛乳パックで作る赤ちゃんのおもちゃの良いところは、壊れても簡単に作り直すことが出来る事です。
牛乳パックの活用法はまだまだありますので、少しずつご紹介させてくださいね!

スポンサーリンク
 

牛乳パックで作る赤ちゃんのおもちゃ「輪投げ」の作り方

準備するもの

  • 綺麗に洗った牛乳パック
  • マスキングテープやビニールテープ
  • 割りばし1膳
  • はさみ・カッター

赤ちゃん 手作り おもちゃ 牛乳パック 輪投げ

作り方

  1. 牛乳パックは底の部分は2~3センチの幅に切り、他の部分は1センチ程度の幅に切ります。
    赤ちゃん 手作り おもちゃ 牛乳パック 輪投げ
  2. 底部分は輪投げの土台になります。底部分の真ん中にカッターやはさみ等で割りばしを入れる穴を開けます。
    穴に割りばしを先端の方(細い方)を下側から入れます(緩いと抜けたり倒れたりしますので、穴は小さ目にしてください。もし、勢いで穴が大きくなってしまった場合はテープなどで固定するといいですよ)
    赤ちゃん 手作り おもちゃ 牛乳パック 輪投げ
  3. 先端部分にマスキングテープ(ビニールテープ等)を巻いて、投げる時に狙いを定めやすいよう目印をつけます。
  4. 1センチ程度に切った牛乳パックの方は、輪投げの輪になりますので、四角を丸に近くなるように形を作ります。
    丸くした輪っかにマスキングテープ(ビニールテープ等)を貼り、模様をつけて完成です。
    赤ちゃん 手作り おもちゃ 牛乳パック 輪投げ

牛乳パックで作る赤ちゃんのおもちゃ「輪投げ」の遊び方

皆さんご存知の輪投げの遊び方をしてくださいね。輪っかを投げ、棒に入ったら成功です!

娘モモコは、まだ小さいので輪投げというよりも、輪っかを持ったり、棒(割りばし部分)から輪っかを取ったりして遊んでいます。

手を動かすことの出来る赤ちゃんでしたら、娘モモコの様に、投げるのではなく、輪っかを棒に入れたり、抜いたりするだけでも指先等の練習になります。

輪っかの色が違うなら、「これは何色?」「赤はどれ?」等色の勉強をしながら遊んでもいいですね。

赤ちゃん 手作り おもちゃ 牛乳パック 輪投げ
どのおもちゃもそうですが、遊び方は工夫次第でいくらでも出来ます。赤ちゃんの行動に常に目を向けていると、何に興味があるのか?一人でこんな遊び方をしている等新しい発見があります。

子供の成長や発想も無限ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA